お出かけや会社へ出勤しているとき、お留守番中のペットが何をして過ごしているのか気になったことはないでしょうか。
いたずらしていないか、寂しがってないかなど不安になったりしますよね。


今回紹介する「EBO (イーボ)」はお留守番中の子どもやペットの様子をチェックできる見守りカメラです。
アメリカのクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で開始したプロジェクトで多くの支援を集めました。


見守りカメラといえば、国内でもペットの自動給餌器にカメラが搭載した便利な商品がたくさん販売されているのをご存知でしょうか。
ではEBOはどこがスゴイの?という部分を詳しく見ていきましょう!


引用:KickstarterNavi


通常のカメラだと死角が出来てしまうのでカメラで見れる範囲が限られていますが、EBOの場合は移動できるので隅々までカメラで確認することができます。
本体は1万円ほどと、導入しやすい価格帯なのも魅力の一つです。

最近はテレワークで家にいることが多く、ペットといる時間が増えたのもあり外出中の様子が気になっていたんです。 このような見守りカメラがあればいつでも様子を確認できて、更にマイクを通して話しかけることもできるので 心配性の飼い主さんは検討してみてはいかがでしょうか。


まとめ

丸い形も親しみがわくデザインです。
コンパクトで場所も取らず、圧迫感もないのでペットが臆病で、、というご家庭でもペットに極力ストレスをかけずに使用できそうです。

子供やペットの様子を見る以外にも、EBOの起動中は怪しい動きがないか24時間監視してくれます。
私が想像していた見守りカメラは、こちらから専用アプリで確認しない限り起動しないというものでしたので
24時間自動で録画を続けてくれるのは一人暮らしにはとても頼もしいガジェットではないでしょうか。

そしてEBOが移動中にバッテリーが少なくなった場合は自動で充電ドックへと戻っていきます。
某お掃除ロボットのようですね。


残念ながらKickstarterでのプロジェクトは終了してしまいましたが、アメリカで好評でしたので日本での販売も期待できそうです。
残り6日間とプロジェクト終了までもう間もなくですので、気になる方はKickstarterNaviに日本語で詳細が掲載されているのでチェックしてください。

KickstarterNaviはこちら





#家電  #スマート家電  #カメラ  #ガジェット  #クラウドファンディング  #Kickstarter  #KickstarterNavi  #ペット  #猫  #犬  #便利グッズ  #防犯 

公開日 : 2021/6/10

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連のニュース