Apple Watchアクセサリーの中でも人気の高いミラネーゼループバンド
マグネットで固定するため簡単に装着ができ、サイズ調整もベルト式と比べて細かく調整できて便利ですよね。
程よい光沢感とシンプルなデザインは洋服を選ばないので、ビジネススーツ着用時などオンオフどちらでも使えるので持っておくとかなり重宝するアクセサリーです。

ミラネーゼループのメリットまとめ

  • ステンレス製で水に強く錆びない
  • 通気性が良く蒸れない
  • 軽くてつけ心地が良い
  • 着脱が簡単
  • どんなテイストの服にも合う
  • 飽きがこないデザイン

レザー製やシリコンバンド、ソロループなど数々のアップルウォッチバンドを使ってきましたが、その中で一番のお気に入りがこちらのミラネーゼバンドです。
サードパーティー製の物ですので、価格が純正に比べて安く購入できることと使い心地の良さからずっと使い続けています。
ステンレス製で軽く、女性でも付けやすいバンドです。

ですがこのバンド、メリットだけでなくデメリットもあります。
今回は使用していて気付いたミラネーゼループのデメリットについてご紹介していきます。

※本記事ではサードパーティ製のミラネーゼループバンドを使用しております。
あくまで個人的な見解となり、純正品においては個人差が見られ全ての方が当てはまるわけではございませんのでご注意ください。

関連記事

ミラネーゼループのデメリットとは?

服に引っかかる

特に寒い季節、大きなデメリットとなるのがニットなどの素材がベルトに絡まってしまうことです。

関連記事:純正?互換?Apple Watchミラネーゼループバンド比較


実際にニットを着て試してみました。

画像のように繊維が巻き込まれてしまいます。
モヘア系のニットは腕を動かすたびに引っかかってしまいました。
引っかかったまま無理に腕を動かすとニットの繊維がどんどん抜けていきますので、もし引っかかってしまった場合は優しくほどいてあげましょう。

これがお気に入りの一着とかだと結構ショックが大きいです。

おろしたての服も裾が激しく毛羽立ってしまいました。
マグネットが内蔵されている留め具部分とベルトの境目が尖っていて、どうやらそこに引っかかったようです。

ただ全てのニット素材が引っかかるというわけではなく、素材によってという感じでした。

相性の悪い素材
羊毛、モヘアなど編み目の粗いざっくりニット

引っかかりにくい素材
コットンなどハリがあり編み目の細かいニット

磁石でノートPCにくっつく

ミラネーゼループはマグネットで装着するバンドですが、これもデメリットの一つです。
留め具部分が手首の内側にきているという方は要注意。

使用しているノートパソコンにもよると思いますが、タッチパッドに張り付きます。

最近のPCは磁気に強いという話もありますが、PCに影響はありません!とは言えませんので不安な方は避けた方がいいかもしれません。

ちなみにMacbook Airのタッチパッドにも貼り付きました。

ミラネーゼバンドのデメリット|まとめ

「ミラネーゼループのデメリット」を紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか。
ざっくりニットとの相性は残念ながら合いませんでしたが使用感の良さはダントツだと思っているので、今後もミラネーゼループを使い続ける予定です。

バンドが長すぎるということもなく、ゴツさもないので女性にもおすすめのApple Watchバンドとなっていますので是非お試しください。

記事内で使用しているミラネーゼループ風バンドは楽天で購入した商品です。
AppleWatch 7シリーズでも使えるのでチェックしてみてください!


商品はこちら(楽天市場)



#Apple  #Apple Watch  #ミラネーゼループ  #アクセサリー  #楽天  #Amazon  #レビュー 

公開日 : 2021/11/5

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連のニュース