健康のために始めたランニング。
やってみると案外楽しくて、「記録なんて狙っちゃおうかなあ~」とお考えの皆さん。
強い味方をご紹介します。

その名も、コスパ・操作性最強のランニングウォッチ「COROS PACE2」
アメリカを中心に高い評価を得ており、日本でも取り扱いの増えているスマートウォッチです。

今回はランナーの皆様のステップアップを手助けしてくれるCOROS PACE2について

・COROS PACE2の特徴や最強たる理由
・使い方や説明書に関する情報
・忖度なしのガチレビューや口コミ
・GARMINの製品と比較したスペック
・お得に買える販売店

などをマルっと解説していきます。

特にレビュー・口コミに関しては、他のまとめサイトとは一味違うため必見です!

COROS(カロス)とは?

引用:COROS公式

COROS(カロス)は2014年にアメリカで創業した会社で歴史こそ浅いものの、マラソン世界王者のエリウド・キプチョゲ(Eliud Kipchoge)選手が愛用するなど、注目度急上昇中のブランドです。

日本ではまだ耳なじみが無いですが、海外での人気は凄まじく、2019年には”CAROS APEX(カロス エイペックス)”というシリーズが世界最大のランニング雑誌「ランナーズワールド」が選ぶランナーズワールドギア・オブ・ザ・イヤーを受賞しており確かな実績があります。
ちなみに、今回ご紹介するCAROS PACE2についてもWAREBLE.COMにて2020年度の最優秀スポーツウォッチ賞を受賞しています。

COROS PACE2のここがスゴイ!

そんな海外人気抜群のCOROSのエントリーモデルとして販売されているのがCOROS PACE2。
コスパ最強との呼び声もありますが、一体どのような特徴があるのでしょう。

【COROS PACE2の特徴】
①世界最軽量の29g
②アプリと連動したトレーニングメニューの多さ
③GPSモードで最大30時間のバッテリー稼働時間
④デザイン選択の豊富さ

【COROS PACE2の特徴①】
圧倒的な軽さ

COROS PACE2の重さはなんと世界最軽量の29g。
100円玉6枚分の重さしかありません。

他のランニングウォッチと比較するとGARMIN(ガーミン)のエントリーモデル「ForeAthlete 55 White」が37g、SUUNTO(スント)の初心者向けモデル「SUUNTO5」が66gですので、COROS PACE2がいかに軽いかということが分かります。

ハーフやフルマラソン、限界まで追い込みをかけたいトレーニングといった場面ではランニングウォッチの数十グラムですら鬱陶しさを感じてしまいます。
今よりも1秒でも速くなりたい場合、やはり『軽さ』は絶対に妥協できないポイントです。

【COROS PACE2の特徴②】
対応したトレーニングの豊富さ

圧倒的軽さを誇りながらも機能も充実しているのがCOROS PACE2が最強たる所以です。
その機能を①ロードランニング、②トラックランニング、③ランニング以外のトレーニングの3つに分けてご紹介します。

ロードランニング

引用:Makuake ランニングウォッチに欲しい機能は全て備わっているといっても過言では無いです。
具体的には、速度/距離/ペース/ケイデンス/心拍数/GPSトラック/高度といった情報を全て計測してくれます。
また、アプリと連携させることによって自分の走った経路を衛星画像として確認できたり、ピッチ、ストライド、心拍数の時間ごとの変化を確認できます。

ただ闇雲に走るのではなく、ランニングをデータ化してくれるので日々の成長が感じられやすく、モチベーション向上にも一役買ってくれそうです。

トラックランニング

引用:Makuake 競技場を走る機会のある方に嬉しいのが、ラップタイムの自動計測機能。

通常、ラップタイムを計測する際は1周ごとにストップウォッチのボタンを押す必要があります。
トレーニングが終盤に近づくにつれて、ボタンを押し忘れたり、押したつもりが押せていなかったりといった経験は多くの人にあるはず。

普通のランニングウォッチのランモードを活用して計測する方法も無くはないですが、400m程度の大きさのトラックではかなりの誤差が生じます。
COROS PACE2なら独自のGPSシステムを用いているため高精度で計測が可能になっています。

ランニング以外のトレーニング

引用:Makuake COROS PACE2はランニング以外にも
トレッドミル、筋トレ、有酸素運動、屋外バイク、屋内バイク、屋外スイム、屋内スイム、トライアスロン
といったトレーニングに対応しています。

個人的にありがたいのが筋トレメニューの充実。
アプリと連携させることで、運動時のデータ計測だけでなく部位ごとに適切なトレーニングをイラスト付きで提案してくれます。

【COROS PACE2の特徴③】
バッテリー稼働時間の長さ

COROS PACE2のバッテリーは通常使用で最大30日間、GPSモードでも30時間と非常に長いです。
そのため、フルマラソンはもちろん24時間のウルトラマラソンにも対応できます。
バッテリー切れでストレスを感じることはまずないでしょう。

【COROS PACE2の特徴④】
選べるデザインが豊富

COROS PACE2のバンドはナイロンタイプとシリコンタイプの2種類から選択できます。
各バンドにはそれぞれダークネイビーとホワイトのカラーが展開されています。

さらに、数十種類の文字盤のデザインをスマホアプリから連動して選ぶことができるため、自分好みの1本にカスタマイズすることが可能です。
文字盤デザインは今後もドンドン追加されていくようなので、その日の気分に合わせて日替わりで選んでみるのも楽しそうですね。

引用:Makuake

COROS PACE2の詳細・購入はコチラ

COROS PACE2の使い方・説明書

引用:COROS公式

次は具体的な操作方法などを紹介していきます。
COROS PACE2は「デジタルダイヤル」という操作方法を採用しており、一般的なランニングウォッチとは少し異なった操作感となっています。

COROS PACE2に設置されているボタンは上下2つだけで、上のボタンを回転させることで様々なメニューの切り替えを行います。
詳しい操作はメニューごとで若干異なるため、下記の説明書を参照していただきたいのですが、ざっくりご説明すると

上のボタン:ダイアルを回して「選択」や「切り替え」
      ボタンを押して「決定」
下のボタン:ボタンを押して「戻る」


といった感じです。

正直めちゃくちゃ簡単です…!

多機能なランニングウォッチってどうしてもボタンの数が多く、さらにそのボタンを2ついっぺんに押して、という具合にいちいち覚えていられない煩雑な操作感を理由に敬遠している方も少なくないはず。
COROS PACE2は直感的な操作で、時計というよりはスマホに近い感覚になっています。

下記に説明書を掲載しておきますが、説明書なしでも10分かからずに初期設定が終わります。

COROS PACE2の説明書(公式)はコチラ

COROS PACE2のガチレビュー|悪い評判もご紹介!

さてそんなイイとこ尽くめなCOROS PACE2ですが、実際の口コミ・レビューはどうなっているのでしょう。
気になって確認したところAmazonのレビューは英語ばかり…。

はい、邦訳しました。

ということで他のどのまとめサイトにも載っていない、ガチ口コミ・レビュー邦訳です。
購入前に知りたい悪い点も紹介していますのでぜひご覧ください!

COROS PACE2の良いレビュー・口コミ

For running the gps is on point, you can even see which side of the road you was running on with very few anomalies.
「GPSが正確で、道路のどちら側にいたかということさえ分かる。それもほとんど異常なしに。」

the biggest selling point is the battery, had it on for a week with GPS running have completed swims, cycling, and running and the battery is only a 30%.
「最大のセールスポイントはバッテリーさ。GPSを起動させた状態で1週間、水泳やバイク、ランニングをやったけど、バッテリーは30%までしか使わなかったよ。」

I've previously used Garmin Vivoactive watches as my fitness/running watch of choice. While those were great for tracking things, the battery life was never what was promised or what I thought it should be. The Coros Pace 2 is worth it alone for the battery life. After a week and a half of using the watch, the batter is only down to 40% after the first charge. My Garmin was typically down to 85% after a single day.
「僕はこれまでGarmin Vivoactiveをフィットネス/ランニング用の時計として使っていたんだ。(Garminについて)GPS追跡の機能はよかったんだけど、バッテリー持ちは期待外れだったし、保証できなかった。 COROS PACE2はもうバッテリーの持ちってだけで価値があるよ。COROS PACE2を使い始めてから1週間後、バッテリーはたった40%までしか減ってなかったんだ。普通、僕のGarminだったら1日経っただけで85%までは減ったね。」

Scrolling through information during runs is easy. The screen is easy to read.
「走りながら情報をスクロールするのがとても簡単だよ。スクリーンが読みやすい。」

COROS app is also easy to navigate and linking your watch to the app is simple and painless.
「COROSアプリも操作が楽だし、COROS PACE2をアプリにリンクさせるのもシンプルで簡単だよ。」

Another concern that scared me away from Fitbit and Garmin was the poor syncing - issues I had with my previous Garmin and my wife’s Fitbit (Online it appears to be common enough that I wanted to avoid it). Thus far I have had no Connectivity issues whatsoever with the Coros.
「(GarminやFitbitと比較して購入を検討していた男性)FitbitやGarminの購入から私を遠ざけた心配ごとの1つは、同期がイマイチだったって問題。僕が以前持っていたGarminや妻の持っているFitbitで起こったんだ。これまでのところCOROSとの接続で問題はまったく起こってないよ。」

口コミ引用:Amazon

Garminなど他のランニングウォッチと比較してバッテリー持ちを評価する声がかなり多くなっていました。

また、説明書なしでも初期設定ができるとお伝えしましたが、一般の口コミでもアプリや本体の操作性を評価する声が多かったです。
従来のような、ボタンだらけで機能を100%使えないランニングウォッチに飽き飽きしている方はぜひ一度試してみてください。

COROS PACE2の悪いレビュー・口コミ

I'm a bit disappointed that it doesn't have a 'walking' option though…
「ウォーキングのオプションがないのは少し残念だね…」

Only downside is the Velcro strap keeps coming loose, especially when swimming quickly.
「唯一の欠点は、特に速く泳ごうとするときなんだけど、ベルクロストラップが緩んじゃうことだね。」

The velcro really easily came apart after two or three strokes every time. If you're a swimmer, stick with the silicon band.
「(水泳時に着用して)ベロクロは、いつも2,3かきでマジ簡単に外れやがる。購入を考えている奴がスイマーなら絶対にシリコンバンドにしときな。」

Running with the watch is fine (中略) But the lack of RI recording and drill mode for pool swims really puts it out of contention for me.
「ランニングのお供にするなら良い時計だ。でも、水泳のレストインターバルを記録できなかったり、水泳のドリルモードがないから、僕には全然だめだ。」

there are way too many menus and options, most of them superfluous. I want to put the watch on and run, not spend 4 hours in front of my computer trying to figure out how to set the darn thing up.
「あまりにメニューやらオプションやらが多すぎるし、ほとんどは余計な機能だわ。PCの前でくだらないことの設定の方法を理解するのに4時間も費やすんじゃなくて、私は時計をつけて走りたいの。」

悪い口コミをみると、水泳時にナイロンバンドが外れやすいという声が多かったです。
また、水泳向けのメニューは少し少ないそうなので、水泳をメインのワークアウトとする方には向かないかもしれません。

またいくら操作が簡単といっても、多くの機能が備わっている分、普通の時計よりは設定は煩雑になります。
とにかくシンプルな機能を求めているという方にもオススメできません。

COROS PACE2・APEX Pro・Garmin ForeAthlete 55と比較したスペック

引用:COROS公式Amazon

COROSの上位モデルAPEX ProとGARMINのエントリーモデルForeAthlete 55との比較表は以下の通りです。

← スマホ版は横にスクロールしてください →

COROS PACE2 COROS APEX Pro GARMIN ForeAthlete 55
定価(税込) 27,390円 61,490円 24,800円
重さ 29g(ナイロンストラップ) 36g(シリコンストラップ) 59g(シリコンストラップ) 37g(シリコン)
本体サイズ 42×42×11.7mm 51.7×47×14.6mm 42×42×11.6mm
ディスプレイサイズ 1.2inch 1.2inch 1.04inch
スマホ接続 Bluetooth Bluetooth Bluetooth
防水性能 5ATM(水深50m) 10ATM(水深100m) 5ATM(水深50m)
バッテリー持ち 約30日(通常)、約30時間(GPS) 約30日(通常)、約40時間(GPS) 約14日(通常)、約20時間(GPS)
心拍センサー
パルスオキシメーター
ナビ機能

最安はGARMIN ForeAthlete 55だが…

定価をみると最も安いのは、GARMIN ForeAthlete 55という結果になりました。

しかし口コミでもご紹介したとおり、バッテリー量や接続の安定性に不満を感じてCOROS PACE2に乗り換えたユーザーも多いようです。
特にバッテリーに関してはかなり大きな開きがあります。
コストに対するパフォーマンスでいえばCOROS PACE2に軍配が上がりそうです。

各項目の優先度にもよりますが、安くない買い物ですので2,000円ちょっとを惜しんで後悔するよりは、COROS PACE2の購入が安心です。

COROS PACE2の購入方法・販売店は?最安値はどこ!?

最後にCOROS PACE2の購入方法・販売店をご紹介します。
現状、COROS PACE2の主な購入方法・販売店は以下の通りです。

①全国のCOROS PACE2取扱店(STRIDE LAB)で購入する
→STRIDE LABというランニング用品専門店で販売されています。
 取扱があるのは東京の本店、福岡、名古屋、ニセコ、那須のみですのでお気をつけください。

②COROS公式サイトの通販で購入
→COROS公式サイトにて通信販売を行っています。

③Amazonで購入

実店舗での販売については確認できませんでしたが、②と③についてはともに27,390円で価格に差はありませんでした。
Amazonのポイントが貯まることや、配送の早さ、手軽さといった観点を考慮すればAmazonで購入されるのが最もお得かと思われます。

COROS PACE2のAmazonページはこちら

最強のランニングウォッチ「COROS PACE2」のレビューや販売店|まとめ

今回はコスパ最強のランニングウォッチ、COROS PACE2の特徴やレビュー、オススメの購入先などをご紹介しました。
COROS PACE2は、その軽さや圧倒的なバッテリー性能、直観的な操作性から、他の追随を許さない”快適さ”を実現したランニングウォッチと言えます。
また、利用可能な機能の豊富さなどコスパも非常に良いです。

COROS PACE2を身に着けて、よりよいフィットネスライフをお楽しみください!

COROS PACE2の購入はコチラ





#家電  #スマート家電  #ガジェット  #スマートウォッチ  #Amazon  #レビュー  #スポーツ  #ランニング 

公開日 : 2021/12/4

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連のニュース