暑い季節がやってくると街中でハンディファン片手に歩いている方を見かける機会が増え、みなさんの中にもハンディファンを買おうかなと思い立った方がいるのではないでしょうか?

しかしハンディファンにも充電式や電池式などいろんな種類があるだけでなく購入元によって値段もさまざまなため、どこで買えばいいのか迷ってしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、ハンディファンの種類や値段相場、そしてニトリやダイソーで購入できる人気のハンディファンなどについてご紹介していきたいと思います。

  1. ハンディファンは種類が豊富!自分に合ったタイプを見つけよう
  2. ニトリやダイソーで買える人気商品は?値段相場もご紹介
  3. 流行るかも?おすすめの次世代ハンディファン(クールデバイス)3選
  4. ハンディファンの種類とニトリ・ダイソーで買える人気商品まとめ

ハンディファンは種類が豊富!自分に合ったタイプを見つけよう

最近ファンディファンを持っている方が急増していますが、ハンディファンによってはサイズやデザインが異なるのはもちろんのこと、形状・給電方法・機能などにも違いがあるのをご存知でしょうか?

まずは、自分に合ったハンディファンのタイプを見つけられるように、どういった種類があるのかをお話していきます。

ハンディファンの種類①形状

ハンディファンの中でもオーソドックスな形状は、コンパクト化されたファンの下に持ち手が付いているタイプで、持ち手にあるスイッチを押すことでON/OFFを切り替えたり風の強弱を変更したりすることが可能です。

他にも折りたたみ式になっているものや羽根を収納できるもの、さらには羽根そのものが付いていないタイプのハンディファンもあります。

首掛けタイプのハンズフリーで使用できるハンディファンなら、両手を自由に使えるため買い物中だけでなくパソコン作業をするときにも便利です。

ハンディファンの種類②給電方法

ハンディファンの給電方法は、大きく分けると以下の3種類があります。

  • 電池式
  • 充電式
  • 手動
  • USBバスパワー

電池式は、ハンディファン本体に取り付けた乾電池から給電する方法で、出先で電池が切れても近くのコンビニなどで買って取り替えれば良いため充電の供給元を気にする必要がありません。

充電式は、USB充電器を使ってファンディファンを充電して使うタイプで、残量がなくなったら再度充電すれば良いため都度電池を購入する必要がなくコスパが良いです。

ダイソーでは100円で購入できる手動式のハンディファンも販売されています。
取っ手を握る事でファンが回転するタイプで電池がいらない為いつでも何処でも使用することができますが、自動ではないという面倒さがあります。

USBバスパワーは、パソコンやUSB充電器から給電する方法で充電の供給元がないと使用できませんが、デスクワークで使用する際には便利なタイプといえるでしょう。

ハンディファンの種類③機能

ハンディファンには、基本性能である「送風」の他にも商品によって多種多様な機能・性能が付いたものも多く販売されています。

例えば、ミストファンは本体内部に付属されたタンクに水を補給してミストを発生させ、風と一緒にミストを送ることでより涼しさを体感できる種類です。

また、アロマオイルを染み込ませたスポンジをハンディファンに取り付けて、風と一緒にアロマの香りを送りリラックス効果を期待できる種類もあります。

この他には、ハンディファン本体に充電機能や照明が付いているものもあり、ハンディファンとモバイルバッテリー、懐中電灯など複数の役割を担ってくれる商品も多いです。

ニトリやダイソーで買える人気商品は?値段相場もご紹介

ハンディファンの値段相場としては300〜4,000円と商品によって幅広いですが、ダイソーなどの100円ショップでは100〜500円と比較的安い値段で販売されています。

また、ニトリでは豊富な種類のハンディファンを取り扱っており安いもので999円(税込)の商品もありますが、多機能モデルになると3,990円(税込)の商品もあります。

ここでは、ニトリやダイソーで買える人気商品をそれぞれ2商品ずつピックアップしましたので、1つずつご紹介していきたいと思います。

充電式ハンディファン HF316NI|ニトリ

ニトリが取り扱うハンディファンの中でもオーソドックスで人気の高いモデルが、充電式ハンディファン HF316NIです。

コンパクトなサイズ感にも関わらず、6枚羽根を搭載しており風量を5段階に切り替えられるためパワフルな風を作り出してくれます。

USBポートを使ってフル充電まで約3.5時間の急速充電に対応しているほか、扇風機だけでなくモバイルバッテリーとしても使用できる機能性に優れたハンディファンです。

サイズ 幅10.5×奥行3.8×高さ23.3cm
重量 約240g
カラー ホワイト、ダークグレー、ライトブルー、ローズ
価格 1,990円(税込)

カラビナ付き充電式ハンディファン HF352NN|ニトリ

お手頃価格のニトリのハンディファンと言えばコレ!

カナビラ付き充電式ハンディファンは、サイズ感や重量共にちょうどいいバランスであるとユーザーからも高い評価を得ている製品です。

鞄に入れるとかさばってしまいがちなハンディファンですが、カナビラがついているため鞄に付けたり腰ベルトに付けておくなど身軽に過ごしたいという方にもおすすめです。

またスタンドとしても使用することができるなど使い勝手が非常に良い商品です!

サイズ 幅6.8×奥行15.2×高さ3.7cm
重量 約110g
カラー ホワイト、グレー
価格 999円(税込)

ミニ扇風機 クリップ式|ダイソー

こちらの商品はクリップ式を採用したハンディファンです。

スマホや日傘にクリップで付けることでフリーハンドでファンの風を浴びることができると人気が高まりつつ有ります。

単四乾電池で稼働するため、充電のし忘れも有りませんし使い勝手の良さもちょうどいいです♪

サイズ -
重量 -
カラー 白、灰色、深灰色
価格 300円(税抜)

ミニ扇風機|ダイソー

ダイソーの商品は風量が弱い…なんて声も聞きますがそんな方におすすめなのがこの商品!

コンパクトにもかかわらず7枚羽根でハイパワーが魅力的

使用時間が~2時間とちょっと短めなのが残念ですが、通勤時間中に使用する等タイミングを選べば十分使い勝手のいい一台です。

サイズ 11.5×6×3cm
重量 -
カラー ピンク
価格 500円(税抜)

折り畳み式扇風機|ダイソー

手のひらサイズにコンパクトに折り畳めるハンディファンで、小さなバッグやポケットにも収納できる点が大きな魅力となっている商品です。

風力調節は小・強の2段階が可能となっており、風力小の場合で約16時間、風力強の場合で約8時間の連続使用ができます。

さらにLEDライト機能も付属しておりアウトドアなどの使用にも向いているほか、L字型に変形させれば卓上タイプとして使うことも可能です。

サイズ -
重量 -
カラー ホワイト、ブラック、ライトブルー
価格 500円(税抜)

(※欠品中)羽根なし扇風機|ダイソー

2022年現在は欠品中でしたがダイソーでは一風変わったハンディファンが販売されていたのでご紹介します!

従来のハンディファンは羽根付きの商品が一般的でしたが、ダイソーから羽根なしタイプのハンディファンが販売されました。

羽根が付いていない分横幅がコンパクトで持ち運びに便利なだけでなく、小さな子供でも安全に使用できる点が人気の理由です。

風力は3段階に切り替え可能で、フル充電の微風モードであれば約3.5時間の連続使用ができ、これで500円(税抜)という破格の安さですから人気の理由も頷けます。

ファンが劣化する事もないですし、この商品は再販する事を願うばかりです…っ!

サイズ -
重量 -
カラー ホワイト、ブラック、ブルー
価格 500円(税抜)

流行るかも?おすすめの次世代ハンディファン(クールデバイス)3選

ここ数年で一気にハンディファンの需要が高まっていますが、現在もさまざまな新商品が販売されており中には次世代ハンディファンと呼ばれるような画期的な商品もあります。

ここからは、注目を集めているおすすめの次世代ハンディファンを3商品ご紹介していきますので、ハンディファンの購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

ピタファン|サンコー

サンコーのオリジナル企画開発商品ピタファンは、冷却プレートとファンを使って強力冷却できるハンディファンとなっています。

従来のハンディファンだと屋外で使用しても風がぬるいという問題がありましたが、ピタファンは小型冷蔵庫と同じ冷却機構を搭載することで外気温から-17℃という冷たさを実現しました。

ファンの中央部分に取り付けられている冷却プレートを首元に当てれば、まるで冷たい缶ジュースを当てたときのような冷たさを体感することが可能です。

サイズ 幅105×高さ220×奥行55mm
重量 約215g
カラー ホワイト
価格 3,980円(税込)

iCool Porta(アイクール ポルタ)|エレス株式会社

エレス株式会社から販売されている「iCool Porta(アイクール ポルタ)」は、まるで保冷剤を首元やおでこに当てたときの感覚を味わうことができます。

使い方はとてもかんたんで、スイッチを入れると本体裏面に付いた冷却プレートが冷えるため、その冷えたプレートを首や脇などに当てるだけで体温の上昇を抑えることが可能です。

冷却プレートに使用されている「ペルチェ素子」は、パソコンのCPUやワインセラーの冷却装置にも採用されており、騒音・振動・ガスの発生がなく環境にも良いといわれています。

サイズ 幅55×奥行25×高さ110mm
重量 約110g
カラー ブラック、ホワイト、ストレートブルー
価格 3,278円(税込)

モノルルド ウェアラブル クールホット&ファン|アテックス

主に健康機器などを取り扱っているアテックスから、ハンディファンとは一線を画するクールデバイス「モノルルド ウェアラブル クールホット&ファン」が販売されました。

前モデルである「モノルルド ウェアラブル クール&ホット」はシリーズ累計販売数1,100万台を突破!

上述したペルチェ素子を使用した無風冷温デバイスとなっており、クールモードとホットモードの切り替えができる点が大きな特徴に加え、ファンを搭載したことでより涼しさに特化した製品になっています。

夏場は爽快な冷たさ、冬場はホッとする暖かさを首元にダイレクトに感じることができ、季節問わず使えるガジェットとして今後人気が高まりそうです。

サイズ (約)W180×L230×H60mm
重量 約450g
カラー ブラック、ホワイト
価格 11,000円(税抜)

ハンディファンの種類とニトリ・ダイソーで買える人気商品まとめ

今回は、ハンディファンの種類とニトリやダイソーで買える人気商品、そして次世代のおすすめハンディファン(クールデバイス)をご紹介しました。

ハンディファンの種類は、大きく分けて形状・給電方法・機能の3項目に分けることができ、羽根なしのものや折り畳み式のもの、充電式・電池式のものなどさまざまです。

ニトリやダイソーで販売されているハンディファンは、シンプルなデザインで値段も安価なことから人気が高くたくさんの方に選ばれています。

商品によっては、送風機能だけでなくLEDライト・モバイルバッテリー・アロマミストといった機能が付いたものもありますので、ぜひ自分の用途に合ったハンディファンを見つけてみてください。

#家電  #ガジェット  #おうち時間向上  #100均  #便利グッズ  #熱中症対策  #QOL 

公開日 : 2022/7/25

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連のニュース