今回はスマホで見ながら操縦できるミニレーシングカーMicroturismo マイクロツーリズモをご紹介
『KickstarterNavi』で見つけた秀逸で興奮するガジェットです。
F1はよくテレビで見ていますし、ミニ四駆なども遊んでいた世代の私としては心が躍りました笑
実際に早く手にして遊んでみたいと強く思いました!

今回KickstarterNavi様の記事を取り上げさせてもらいます♪


KickstarterNaviについて

KickstarterNavi(キックスターターナビ)は、米国Kickstarter社と株式会社講談社のパートナーシップにもとづいて、講談社が運営する公式ナビゲーションサイトです。
世界初・最大のクラウドファンディングサービスであるKickstarterを日本のユーザーにもっと活用してもらうことを最大の目的としており、「クリエイターがつくったクリエイターのための仕組み」であるKickstarterを使って、多くの才能を世界中でファンを獲得すること。
Kickstarterが‶英語だからハードルが高い″と感じている日本のクリエイターや支援者をサポートし、不安や疑問を解消するコンテンツを厳選して発信しております。

KickstarterNavi公式ナビはコチラ


以下、KickstarterNaviからの引用


これはカッコいい……!! ミニ四駆に熱中した世代にとってはたまらないのでは。車体カメラの映像を見ながら操縦できるミニレーシングカー、「Microturismo」(マイクロツーリズモ)がキックスターターに登場しました。

ミニ四駆は一度走らせたらもう何もできませんが、このラジコンなら曲がるのも止まるのも自由自在。しかも10×10×10mmの小型カメラを車体に設置して、スマホやタブレットに映し出された画面を見ながら、車(ドライバー)の視点で走らせることができるのです。

何しろ実際の風景を見ながらレースゲームを楽しめるのですから、臨場感は抜群。いつもと違う視点で見る自宅のコースも新鮮で楽しそうです。コントローラーの電波は壁を挟んでいても届き、フレームドロップなく操作が可能です。

また、シャーシはある程度幅を調整できるようになっており、1/32から1/24の自動車模型であれば、多くのボディがシャーシに適合します。お気に入りのマシンをラジコン化して遊べるのです。

ストレッチゴールも設定されていて、4/3時点ではすでに、カスタマイズ用の3Dプリンタライブラリへのアクセスや、アプリのアップグレードがアンロック済み。他に、ラップタイムセンサーの追加などが予定されています。

しかしこんな高性能なラジコンが、今や2万円以下で手に入るんですねえ。昔のラジコンは左にしか曲がらなかったのに(だいぶ古い話ですが)。マイクロツーリズモは、最大8人でレースを開催できるので、みんなでワイワイ盛り上がるなら複数台セットのリワードもおすすめです!
(西川セレクト)



プロジェクトのストーリー(ダイジェスト)

マイクロツーリズモは、カメラを搭載した最小のフォーミュラカーで、自宅にいながらスマホからカートのようにレースを楽しむことができます。

F1のエンジニアが設計し、純粋にレースを楽しむために作られました。その高いパフォーマンスとシンプルなパッケージは、あなたをゴーカートのようなドライビングフィールへと導きます。


強力なロングレンジ5.8GHz RFエミッターは、壁を越えても長距離をカバーし、フレーム落ちすることがありません。



最大8人で同じレースに参加することができます。臨場感溢れるレースが出来そうですね。



この商品が気になる方へ

KickstarterNaviのサイトで詳しくご覧になれます。

KickstarterNavi記事ページへ »




#家電  #ガジェット  #クラウドファンディング  #Kickstarter  #KickstarterNavi  #ホビー 

公開日 : 2021/4/14

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連のニュース