8月11日いつものように通勤時にワイヤレスイヤホンを使用し音楽を聴いていたのですが、ブツブツと音が途切れて充電量の表示(音声でアナウンスされます)もおかしい... 再起動をしたりボタンなどいじってみましたが元に戻らず...故障してしました..(泣)
「Bose SoundSport」ご臨終です。


以前からワイヤレスイヤホンの買い替えも視野にいれて
Beats「BeatStudioBuds」
Sony「WF-1000XM4」
Apple「AirpodsPro」

この3つを買おうか迷ってました。 AirpodsProの次の世代についての情報は来月発表があることもありタイミングが悪いな...と思いつつ、Beatsの「BeatStudioBuds」の公式ページを見たところ偶然にも今日発売という。
内容を見ても前評判も高く、これは買うしかないとアップルストア新宿に注文を入れて受け取りに行きました。



アップルストアの店員さん曰く、
『AirpodsProは3万円以上するじゃないですか、Beatsの「BeatStudioBuds」はノイズキャンセリング機能など同等の機能がついて、デザインもスタイリッシュでかわいくてこの価格なので私も購入するんです。』
なるほど購入した後なので営業トークではないと思いながら期待を膨らませました。


開封





毎回思いますが開封はワクワクしますね。
しっかりした梱包にBeatsのシールもついてきて、説明書などはとても簡単なものですが日本語もあります。ケースはちょっと大きいかなと思いましたが、この丸みを帯びた形もとてもかわいくて気に入りました。
またイヤホンの耳に装着するパーツは3サイズ(S、M、L)あります。接続はType-Cで、短い充電用のケーブルも付属します。

使用感

あくまで個人的な意見になりますが、音は低音がかなりどっしりしており迫力があります、高音もかなりはっきりでているのですが、いわゆるドンシャリというものですね。
今まで使っていたBoseSoundSportのほうが音に厚みがあった感じです...
またAirpodsProとも比較してみましたが、もちろん音の好みもあると思いますが、AirpodsProのほうが自分は音に重厚感があって好きでした...
ケースは若干AirpodsProよりBeatsのほうが大きめでした。ノイズキャンセリング機能に関してはあきらかにAirpodsのほうが綺麗に遮断してくれますね。
AirpodProと比べるとAppleの複数デバイスの自動切り替えはもちろんできないです。
他のメーカーのイヤホンよりAppleと提携しているだけあり親和性は高いと思います。
自分が気に入ったポイントはデザインはとても自分好みなのと、ノイズキャンセリング機能はAirpodsProよりあきらかに劣りますが逆に聞こえなくなるよりこれくらいのほうが丁度よいとは思いました。
自分はiphoneユーザなのですが、Androidも対応していることやApple Musicの空間オーディオは後ろから、右から、左から、前からと色んな方向から立体的に音が聞こえるので、これが試す価値はあります。
Apple Musicを利用している方に限定されますね。


AirpodsとBeatsStudioBudsの違いまとめ


BeatsStudioBuds AirpodsPro
価格(公式サイト) 17,800円 30,580円
カラー ブラック、レッド、ホワイト ホワイト
稼働時間(ノイキャン使用) 5時間 5時間
稼働時間(ノイキャン未使用) 8時間 5時間
ワイヤレス充電機能 なし 可能
空間オーディオ
アップルデバイスの自動切替 ×
充電端子 Type-C Lightning


まとめ

ワイヤレスイヤホンもそうですしiphoneやスマホの買い替えはとても迷います。
iphone13の発表も噂されてますし、今回のワイヤレスイヤホンでいえばAirpodsProが来月情報を発表予定でもう少し待とうかと頭を悩ませました....
BeatsStudioBudsは期待しすぎていたのもあったからかそこまでの評価ではありませんでしたが、このタイプの無線のワイヤレスイヤホンを使うのもこれが初めてで、さらに使いこなしていこうと思います。
と同時に次のアップルから発売される次世代AirpodsProにも期待しようかと思います。
また次の機会にレビューさせてもらいます。





DATE : 2021/8/12


おすすめガジェット