2022年3月25日に山手線で31番目の駅「シン・秋葉原駅」がオープンしました。
シン・秋葉原は秋葉原駅、またその周辺をバーチャルで再現した世界初のメタバースステーションです。

今回はシン・秋葉原駅では何ができるのか、行き方などをご紹介します。
お家で誰でも気軽に楽しめるサービスなので是非皆様もお試しください。

メタバースとは?

メタバースとは、オンライン上に構築された仮想空間の中で現実とは別に行動できるサービスのことです。
”バーチャル空間”とも表現されており、自分の分身となるアバターを使いオンライン上の空間でコミュニケーションを行うことができます。

メタバースはSNSの次のコミュニケーションプラットフォームとして位置づけられており、ユーザーが楽しむだけではなくビジネスでの活用にも注目が集まっています。
facebookなど様々な企業がメタバースに力を入れ始め、今後普及の拡大が見込まれています。


メタバース・ステーション「Virtual AKIBA World」とは?

「Virtual AKIBA World(バーチャルアキバワールド)」は、2022年3月25日にオープンした世界初のメタバースステーションです。

バーチャル空間で秋葉原駅と秋葉原周辺が再現されており、電車に乗ったり改札を通ったり自由に歩き回ることができます。
アプリのDLはいらず、スマートフォンやPCのブラウザから簡単にアクセスすることができます。

近日中には現実世界と仮想空間の世界が融合し、仮想空間で購入した商品を現実世界で受け取れるといったサービス展開が予定されています。


「シン・ゴジラ」「シン・エヴァンゲリオン劇場版」「シン・ウルトラマン」「シン・仮面ライダー」の4作品で構成された『シン・ジャパン・ヒーローズ・ユニバース』とコラボしており、コラボ期間中は山手線31番目の駅として『シン・秋葉原駅』の名前で呼ばれています。
シン・秋葉原内のいたるところに作品の広告などが貼られています。

世界最大のVRイベントを手掛けている株式会社HIKKYとJR東日本、ジェイアール東日本企画により提供が始まったサービスです。


※「ジェイアール東日本企画」はJR東日本の子会社で、デジタルサイネージの普及や交通媒体の管理など行っている広告代理店です。

メタバース・ステーション「シン・秋葉原駅」でできること

世界初と言われるメタバースステーション「シン・秋葉原駅」ではどんなサービスが提供されているのか、何ができるのかをご紹介していきます。

アバターを使って秋葉原を歩くことができる

シン・秋葉原駅では、秋葉原駅を忠実に再現したバーチャル空間をアバターを使って見て回ることができます。
「シン・秋葉原駅」「シン・秋葉原駅構内」「シン・秋葉原駅前広場」「中央通り/大通り」「YAMANOTE競馬場」の5つのワールドに分かれており、どこからでも入れて行き来できるようになっています。
電車から降りて改札に向かうなど現実と同じように移動が可能です。

アバター同士でボイスチャットなどを通じてコミュニケーションも可能となっており、決まったメンバーを招待してプライベート空間でプレイすることもできます。

オフ会の開催、参加ができる

メタバース空間内では誰でも自由にオフ会の開催、参加が可能です。
会場の選択や、開催日時、公開範囲、オフ会のジャンルを設定して開催ができます。


公開されているオフ会は誰でも入室することが可能で、メタバース内の広場でもオフ会の開催予定を確認することができます。

仮想空間で購入した商品を現実世界で受け取れる

シン・秋葉原ではバーチャル空間と現実世界の連動が予定されています。
バーチャル空間のシン・秋葉原駅で購入した商品を、現実世界の秋葉原で受け取れるといったサービスです。
今までにない新しいオンラインショッピング体験が可能となります。


シン・秋葉原への行き方

上記でご紹介した「シン・秋葉原駅」への行き方は、スマートフォンまたはPCのブラウザで簡単に入場ができます。

Virtual AKIBA Worldにアクセス
②画面右上の「入場」をクリック
③「シン・秋葉原駅」「シン・秋葉原駅構内」「シン・秋葉原駅前広場」「中央通り/大通り」「YAMANOTE競馬場」の中から入り口を選びます
④規約に同意した後、「入室」または「シングルプレイで入室」どちらかのボタンから入室します


期間限定でバーチャル空間にアクセスできるゲートが登場

3月25日〜31日の期間限定で、秋葉原駅改札内に「バーチャルアキバワールド ゲートウェイ」が設置されていました。
設置されたQRコードからバーチャルアキバワールドへのアクセスが可能です。


「Virtual AKIBA World(VAW)」と「バーチャル秋葉原」の違い

秋葉原をバーチャルで再現した空間は「Virtual AKIBA World(VAW)」と「バーチャル秋葉原」の2種類があります。
どちらも舞台が秋葉原なことや名前がやや似ていますが、異なるサービス内容となっています。
共通している部分は、どちらもWEBブラウザからバーチャル空間に再現された秋葉原にアクセスできることです。

Virtual AKIBA World(VAW)
  • 秋葉原駅と秋葉原付近がバーチャル空間に再現されている
  • バーチャルアキバワールド内で購入した商品を駅で受け取れる、現実とバーチャルが連動したサービス(予定)
  • 「シン・ジャパン・ヒーローズ・ユニバース」とコラボ、シン・エヴァンゲリオンなどのコンテンツで賑わっている
  • アバターで仮想空間内を歩くことができる、アバター同士でオフ会も可
バーチャル秋葉原
  • リアルとバーチャルを融合する「XR(Extended Reality)」の技術を活用
  • 地域の事業者の賛同を得ながら、メインストリートの一つ、中央通りの万世橋から神田明神下交差点までのエリアや「神田明神」をバーチャル空間に再現
  • 実際の店舗をバーチャルショップとして活用できるほか、中央通りの空中にギャラリースペースを設けるなど、バーチャルならではの拡張も行っています

公開予定のコンテンツ

アトレ-atre-(公開日未定)
駅直結のショッピングセンター「アトレ -atre-」が近日中に公開を予定されています。
バーチャルとリアルが連動したショッピング機能も同時に公開されるのか、詳しい情報はまだ分かっていないため今後の動きに期待が高まります。


メタバースステーション「シン・秋葉原」|まとめ

今回はメタバース空間で秋葉原を散策できるサービス「シン・秋葉原」をご紹介しました。
記事内でご紹介したシン・秋葉原で出来ることは以下の内容です。

  • バーチャル空間に再現された秋葉原駅、周辺をアバターを使って見て回れる
  • アバター同士でボイスチャットを通じてコミュニケーションを取れる
  • 好きな話題でオフ会の開催、参加ができる
  • シン・秋葉原内で購入した商品を現実で受け取れる(予定)

始まったばかりのサービスなので、今後公開予定の新コンテンツが待ち遠しいです。
メタバースはさまざまな業界から注目が集まっており、今後発展することは間違いないコンテンツです。

メタバース空間をまだ見たことがない方は、スマートフォンから簡単に入場できるので是非お試しください!



#AR 

公開日 : 2022/4/20

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連のニュース