猫を飼い始めた方には必須のアイテム”給水器”。
そんな給水器も調べると沢山の種類があり、多すぎてどれにすればいいか悩みますよね。

できるだけお手入れいらずのものがいい、自動給水で静かなものがいい、などあると思います。
そこで今回は猫飼いの筆者がオススメする給水器を紹介します!


給水器の種類

まず初めに給水器の種類から紹介します。
電源が必要なタイプと、電源不要の大きく分けて2つのタイプに分かれます。

循環型自動給水タイプ

モーター搭載のポンプ式給水器です。水が循環するので流れる水が好きな猫ちゃんにおすすめ。
フィルターには抗菌活性炭や不織布が使用されているものもあり、カルキ臭を取り除いたり軟化する機能付きのものも販売されています。
定期的なフィルター交換と細かいパーツの洗浄が欠かせません。また、電源がないと動かないので停電時は注意が必要です。

電源不要のディスペンサータイプ

主にゲージに取り付けるタイプの給水器です。
電源を必要としないので、音が静かでどこでも使えます。停電時も安心です。また、取り付ける高さも変えられるので猫の成長に合わせて自由に調整できます。
パーツも少ないのでお手入れが簡単なのも嬉しいポイント。



おすすめ給水器6選

うちのこエレクトリック

商品はこちら(Amazon)

4.18°の傾斜であごが濡れにくくなり、脊椎の負担を和らげてくれます。
ポンプが完全コードレス化でお手入れ時もさっと取り外して洗いやすいです。
三層のフィルターで濾過してくれるので、毛や埃水道水の残留塩素など取り除いてくれます。

ジェックス ピュアクリスタル

商品はこちら(Amazon)

ダントツの洗いやすさ!段差や溝が少ないのでお手入れ楽々。
初めて使う猫ちゃんでも安心の、流れる水と溜まった水の2タイプあるので好きな方で飲むことができます。

PETKIT 給水器 3rd世代 ペット用 水飲み器

商品はこちら(Amazon)

USBコードと電池の2wayタイプの給水器。普段はUSBコードから電源を確保でき、停電時は電池での稼働も可能です。
水が少なくなると青く光るのでわかりやすいのが特徴。
光センサーで昼夜の自動調整で省エネにつながります。

自動給水器 ペット用 ウォーターノズル

商品はこちら(Amazon)

市販のペットボトルを付けるだけで完成! ケージにつけるタイプで水の交換や取り外しが簡単です。飲んだ分だけ減るので、1日に飲んだ量が一目でわかります。
受け皿がないので撥水性のあるマットを敷くのがオススメです。

筆者は愛猫を迎えた時からこちらを使用していますが、よく飲んでくれました。
避妊手術後のエリザベスカラーをつけていても問題なく飲めていました!

MaruPet(マルペット)ペット 自動給水器

商品はこちら(Amazon)

こちらは自立型の給水器で、ケージがない家庭でも使用可能です。
猫ちゃんに合わせて高さが調整ができるので、子猫から成猫まで使えます。
また、受け皿が付いているので床が水浸しになる心配もありません。

Totato猫用 犬用 自動給水器

商品はこちら(Amazon)

2.8Lも貯水できる大量用タンクがついた給水器です。
貯水タンクは透明なので水量がすぐわかります。
水位差で一定量の水が補充され、お留守番も安心です。



まとめ

愛猫の健康のために欠かせないお水。いつでも新鮮で美味しい水を飲める環境を整えるのはとても大切です。
流れるタイプや溜まるタイプなど猫ちゃんの性格に合わせて選べるので、その子に合った給水器を選んであげましょう。


公開日 : 2022/2/18

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連のニュース