10月でも30度と夏のような気温の日が続いていましたが、急に冷え込み秋を越えて冬らしい気温になりました。
そろそろ防寒対策グッズに注目し始める時期ですね。
関東ではなんと12月上旬並みの気温を記録し、寒さで目が覚めた方や通勤通学の服に困った方もいるのではないでしょうか。

22日(金)に東京で予想される最低気温は12℃となっていて、朝の気温としては21日(木)とほぼ変わりありません。ただ、日中の予想最高気温は14℃と、21日(木)と比べて5℃低く、12月上旬並みの寒さとなりそうです。時系列予報を見ても、朝から日中にかけて気温がほとんど上がらず、冷たい北風も吹くので、体感はさらに寒く感じられるかもしれません。
引用:冷たい雨で東京は“師走並みの寒さ”に|Yahoo!ニュース

10月からは紅葉を楽しめるシーズンで、コロナ禍での密を避けられるアウトドア活動は更に盛り上がりを見せていくと思います。
山の中は普段生活している空間よりもグッと冷え込み天候もかわりやすく、朝と晩でも大きく気温は変化しますので防寒対策はかなり重要となります。
防寒グッズを準備せず軽装備で行ってしまうと、せっかくキャンプやゴルフ中の楽しい気分を盛り下げてしまう原因になる可能性も。。

そこで今回はアウトドア趣味の方におすすめの最新防寒対策グッズ5選を紹介していきます。
もちろんアウトドア以外でも持っていると便利なあったかグッズですので、是非最後までチェックしていただけますと!

超薄型エコカイロ「INKO ポケットヒーター」

画像:Makuake

世界初!インクで発熱する最先端技術を使って開発されたポケットサイズのヒーター。
こちらのポケットヒーターは電熱線の代わりに、通電すると発熱する”銀ナノインク”を採用することでスリムなデザインを実現し特許を取得した商品です。


1mmと驚きの薄さで、重さも43gと超薄型、超軽量なので、荷物が多いキャンプやゴルフへ持っていくのにマスト!
モバイルバッテリーに繋いで使用できるので、寒くなったらオン、暖まったらオフにすぐ切り替えができるので使い捨てカイロのように無駄なく使えるのがポイントです。
温度調節は低温(35℃)→ 中温(43℃)→ 高温(47℃)の3段階調整ができるので環境に応じて、自分にとって丁度いい温度をキープできます。

また、INKOポケットヒーターには5つの安全機能が搭載されており、電源を切り忘れても一定の時間を超えると自動でオフに切り替わる、低温モードに設定できるので長時間の使用によるやけどを防ぐことができます。
保温効果も安全性も高い商品なので是非Makuakeのページをチェックしてみてください。

ブランド INKO(インコ)
製品名 USB POCKET HEATER PLAY(USBポケットヒーター プレイ)
モデル PD-110
サイズ パッド/直径110mm、リモコン/3.7×25×10mm
ケーブル長さ 135cm(USB・リモコン部分含む)
重量 約43g
電力 3.5W
温度調整機能 3段階調整
素材 TPU、ABS、PVC

車中泊もできる「魔法瓶ブランケット」

画像:Makuake

過去にも話題になったブランケットが出し入れがさらにスムーズになり新登場!
魔法瓶ブランケットは魔法瓶から着想を得て開発された5層の独自レイヤー構造で冷たい空気をしっかりと遮断、保温してくれるブランケットです。

肌に触れる内側部分にはマイクロシープボアを使用しており、肌に直接触れてもヒヤッとせず暖かさを感じられる生地になっています。
水分を吸収して熱に変える吸湿発熱シートや、熱を内側に返す機能のあるアルミコーティングシートなどの素材が層になっており、ブランケット内をずっと暖かい状態で保ってくれます。


スナップボタンが付いているのでポンチョのようにかぶって使ったり、腰周りに巻いてラップスカートのように使い方はさまざま。
暖かさの持続性はかなり高く、気温3.8℃の状態でもブランケット内の温度は24℃と快適な温度を維持できます。
コットの上に魔法瓶ブランケットを敷いて、更に魔法瓶ブランケットを掛けて寝れば寒さとは無縁の空間となりそうです!
汚れが気になっても洗濯機で丸洗いできるので衛生面が気になる方も安心です。

サイズ [S]95×138cm [L]138×195cm
収納時サイズ [S]H30×D22×W22cm [L]H45×D20×W42cm
重量 [S]890g [L]1780g
素材 [生地]ポリエステル100% [中綿]ポリエステル100%

ワイヤレス温熱手袋「すぐぬっく」

画像:Makuake

手の冷えが気になるという方には、電気式の温熱手袋「すぐぬっく」がおすすめです。
手袋に取り外しできるヒーターが搭載されており、低-中-高の3段階で優しく暖めてくれます。
指先は空いているので、パソコンやスマートフォンの操作など細かい作業もスムーズに行えるメリットがあります。
手が冷えるとタイピングもしづらくなったり、血行が悪くなると肩こりなどの原因にもなるので手元の保温は大切です。

すぐぬっくの上から手袋を重ねて使用することもできるので自転車やバイク通勤、通学の方にもおすすめの一品。

製品名 Qurra 洗えるすぐぬっく2 USB充電ワイヤレス温熱手袋
サイズ 約135mm×130mm×17mm
重量 約140g
バッテリー容量 1400mAh
付属品 Type-C充電ケーブル×2

着るこたつ「USB給電式ヒートベスト」

画像:楽天市場

身軽に防寒対策したい方は、モバイルバッテリーと繋いで着るUSB給電式ヒートベストはいかがでしょうか。
電源を入れると背中部分に内蔵されている電熱線が発熱し、身体をじんわり暖めてくれます。

ベスト内側にはポケットが付いているので、給電しているモバイルバッテリーを収納して歩くことができます。 ケーブルがもたついたり絡まらないのが良いです!

背中を暖めることで筋肉がほぐれ、神経伝達をよくする効果があるんだとか。
スポーツ中の休憩時間などにヒートベストを着て身体を暖めておくのも良いかもしれません。
サイズはSサイズから2XLサイズまであるので幅広い体型の方が着用できます。
フリースベストタイプとダウンベストタイプの2種類から選べ、フリースタイプは首周りにヒーターが内蔵されているので本格的な真冬に活躍しそうです。

製品名 ヒートベスト 電熱ベスト ヒーターベスト USB 給電式 ベスト バッテリー USB給電 別売モバイルバッテリー対応 防寒着 ヒートベスト ヒーター内蔵 インナー 電熱 ベスト 着るこたつ 2021最新
サイズ S/M/L/XL/2XL
温度調整機能 3段階調整 [高]45℃ [中]35℃ [低]25℃

寒さ対策の定番「湯たんぽA」

画像:楽天市場

寒さ対策の定番といえば、馴染みのある湯たんぽです。
主に就寝時に布団で活躍しますが冬のキャンプにもおすすめです。

湯たんぽの容器はコンロの直火に対応しているので、お湯を用意しなくても温めることができます。
画像のようにバーナーで暖めてもOKです。 ぬるくなってしまってもいつでもちょうど良い温度に温め直すことができるので一つ持っておくと便利!
電気毛布など効率良く暖を取れる製品もたくさんありますが、懐かしい味わいがあり自然な暖かさを感じでみてはいかがでしょうか。

まとめ

さまざまなタイプの防寒グッズをご紹介しましたが気になる商品は見つかったでしょうか?
どれも一度きりでなく長期間使うことができ、またアウトドアだけでなく家の中やつらい冬の外出にも使えるアイテムばかりとなっています。
これから本格的に寒くなってくると、欲しいときに限って売り切れ!ということも予想されますので
冬のアウトドアを考えている方は今のうちに余裕を持って準備しておくと良いかもしれません!





DATE : 2021/10/22


おすすめガジェット