最近はApple Watchを筆頭にスマートウォッチの利用者が増えています。
それでもまだまだ機械式時計の勢いはまだまだ衰えていません。

今回KickstarterNaviさんで、コレクション癖がくすぐられる腕時計をご紹介していましたのでガジェるでも調査してみました。
宇宙をテーマにしており他では手に入らないレア度の高い時計なので是非チェックしてみてください。

NASA公認!テーマはアポロ15号

画像:Kickstarter

NASAの月面着陸50周年を記念し、時計メーカーのXericが立ち上げたプロジェクトです。
こちらの腕時計「NASA Apollo 15 Automatic&Moonphase Watch」は名前の通り、アポロ15号がテーマとなっています。

ムーンフェイズ機能が搭載されているので、現在の月の満ち欠けが分かり
まるで宇宙から月を眺めているような気分になれるかもしれません。
高級時計にも使われている自動巻きを採用しており、着用することで発電、またはリューズを巻くことで電源が入るのでスマートウォッチのようにバッテリーは気にせず着用できます。

Xericは今まで見たことのない時計、独自の方法で時間を表示させることに力を入れているようでそのコンセプト通りの腕時計ではないでしょうか。

NASA公認なので時計にはさり気なくNASAのロゴが入っています。
各個体にシリアルナンバーも刻まれており、とても特別感のあるアイテムです。
マスク生活が続きiPhoneのFace ID解除のためにApple Watchばかり使用していましたが、たまにはこういった機械式時計の繊細さに触れてみるのも良いかもしれません。

月面着陸した年の1971年にちなんで、各カラー1971個ずつの生産で数には限りがあります。
9/25(土)までのプロジェクトなので、気になる方はお急ぎください!





#ガジェット  #スマートウォッチ  #クラウドファンディング  #Kickstarter 

公開日 : 2021/9/17

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連のニュース