メディアなどでも取り上げられている「プラントベース」が話題となっているのをご存知でしょうか?
プラントベースは植物由来の食品を中心とした食生活のことで、スーパーやコンビニで”大豆ミート”として普及が進んでいます。
モスバーガーやバーガーキングなどの大手ハンバーガーショップが続々と参入し注目を集めています。

しかしながら地域によっては取り扱いがない、近くにショップがないなど、まだまだ身近に感じられないという方も多いのではないでしょうか。
そんな時は通販サイトでプラントベースフードを取り寄せてみてはいかがでしょうか。

今回の記事では、通販で買えるプラントベースフードをご紹介します。
気になる味や本当にお肉の代替品になるのかなど、是非購入の参考にしてみてください。

プラントベースとは

プラントベースとは、野菜や豆、ナッツなど植物由来の食品を中心とした食生活のことです。
「植物由来」と聞くと”ヴィーガン”や”ベジタリアン”と混同されがちですが、異なる概念とされています。

アメリカやヨーロッパなどの海外では、環境に配慮できることや健康的な食事内容、またダイエット目的でも人気が高まっています。

プラントベースとヴィーガンの違い

プラントベースとヴィーガンは『動物性の食品を摂取しない』という共通点がありますが、それぞれの考え方が異なります。

ヴィーガンは動物保護の目的や宗教的な理由から、肉や魚、卵や乳製品などは一切食べずに野菜などの菜食中心とした食生活です。
プラントベースは肉や魚などは避けますが、決して食べないという考えではなく環境に配慮するために、できるだけ野菜を基本とした食生活のことを指します。

まとめ
【ヴィーガン】肉、魚、卵、乳製品など動物性食品は一切食べないこと
【プラントベース】肉、魚などの動物性食品以外の物を積極的に食べること


国内通販プラントベースフードの実食レポート

プラントベースフードを販売している日本国内の通販サイトから商品をご紹介します。
それぞれどんな味なのかレポートを載せているので、是非参考にしてみてください。

Makuake発!ネクストバーガー 2.1

購入ショップ:ネクストミーツ
メーカー:ネクストミーツ
商品名:NEXTバーガー2.1

ネクストミーツでは”地球を終わらせない”をコンセプトにしており、ハンバーガー用のパティや焼き肉用のカルビ、缶詰など、他のプラントベースサイトにはないラインナップが揃っています。
日本国内のスーパー、外食チェーン等、代替肉ブランドとして幅広く流通しており、海外にも展開しているメーカーです。
2021年11月には焼肉ライクとの取り組みも行っており、プラントベースの焼き肉を誰でも気軽に楽しめるようになりました。


「ネクストバーガー2.1」はハンバーガー用のパティとソースが4個ずつ入っている商品です。 クラウドファンディングサイトのMakuakeで限定販売されていた「ネクストバーガー」が好評だったことから、肉の食感と風味がアップデートされ現在通常販売されています。


感想

実際に食べてみて感じたことが、パティが柔らかく肉らしい食感がやや足りない感じがしました。
初期から改良された=美味しいと期待していただけに少し残念、、
ただセットで付いてくる専用ソースがあるのですがこちらはとても美味しかったです。
さらなる改良に期待します!

今回パティしか頼まなかったのですが、今気になっているのが「NEXTチキン1.0 タンドリー風味」です。
鶏もも肉と比べて脂質が約1/5だそうで、ダイエッターには嬉しい情報!!
鶏肉のプラントベースはどうなるのか近々試してみたいです。


総合

【味】  ★★★☆☆
【食感】 ★☆☆☆☆
【総合】 ★★☆☆☆


プラントベース パティ(ハンバーグ)

画像:わらべ村オンラインショップ
※パッケージ写真を撮り忘れました

購入ストア:わらべ村オンラインショップ
メーカー:NATURU
商品名:THE BURGER


こちらのショップははオンラインだけでなく岐阜県に実店舗もかまえているショップです。
今回注文したプラントベースだけでなく、マクロビオティック食材や動物実験をしていない化粧品など幅広いジャンルを取り扱っています。
どの商品も手頃な価格で、お目当ての商品以外にも目移りしてしまうようなラインナップです。

注文したプラントベースパティはデンマークが原産国の商品です。
2枚入りで小さすぎず大きすぎずの程よいサイズ感となっています。


感想

ハンバーガーにも少し飽きてきたのでロコモコ丼にして食べてみました。
歯ごたえ(肉感)があるので満足感はありますが、肉の味はもう少し何かが欲しいところ。
代替肉としてよく仕上がっているパティなので、プラントベースが初めてという方におすすめの商品です。


総合

【味】  ★★★☆☆
【食感】 ★★★☆
【総合】 ★★★☆☆


本物に近いプラントベースソーセージ

購入ショップ:グリーンズベジタリアン
メーカー:グリーンカルチャー
商品名:Green プラントベース・ソーセージ 1kg

グリーンズベジタリアンには2000種類を超えるプラントベースフードが揃っており、大豆ミートはもちろんカレーやラーメン、アイスクリームなどが豊富に揃っています。
食品だけでなく動物実験をしていないコスメも取り扱っており、ヴィーガン・ベジタリアンの方でも安心して利用できる国内最大級のプラントベース専門店です。


こちらのソーセージは大豆ミートを原料に使用しており、独自のフレーバーと香り付けが行われている商品です。
燻製して仕上げられているので本物のソーセージのような味が楽しめます。


感想

食べ比べた中で一番おいしいと感じました。
燻製されているだけあり、本物のウインナーにとても近い味で満足感があります。
食べた瞬間は少し大豆の風味がありますが、ウインナーの代替品としては十分な味でした。

サイトのレビューでも書かれていましたがソーセージ、ウインナーのようなパリッとした食感はありません。
事前情報があったので私は何の違和感もなく食べられました。
46本入りで冷凍保存ができるのでコスパも抜群です。


総合

【味】  ★★★★★
【食感】 ★★☆☆☆
【総合】 ★★★★☆


ヴィーガンヌードルの担々麺

購入ストア:Amazon
メーカー:ニュータッチ
商品名:ヴィーガンヌードル 担々麺

さまざまなカップ麺を展開しているニュータッチから、ヴィーガンの方向けのカップ麺も販売されています。
動物性の食材や化学調味料など一切使われておらず、体にも環境にも優しい商品です。


感想

一般的なカップヌードル担々麺と比べてもひき肉(大豆)の感触をしっかりと味わえます。
具材は大豆ミート、チンゲン菜、枝豆が入っており、スープは辛すぎず誰でも食べられるような味です。
ノンフライの中細麺も食べごたえがありおいしいです。

一つあたりの価格がやや高いので、コスパを気にするかどうかが選ぶポイントかと思います。


総合

【味】  ★★★★☆
【食感】 ★★★★★
【価格】 ★★★☆☆
【総合】 ★★★★☆



乾燥タイプの大豆ミートも

画像:SOYCLE公式サイト

保管に便利な大豆ミートもあります。
こちらの大豆ミートは乾燥タイプと呼ばれており、調理前に水(またはお湯)で戻してから使います。

最近新しく登場した大豆ミートブランドの「SOYCLE」ではうまみと栄養価を最大限に引き出した発芽大豆を使用した大豆ミートが販売されています。
高タンパク・低脂質・食物繊維が含まれ、栄養バランスを考えられているのでダイエット中の方、トレーニング中の方にぴったりです。
お肉を食べてる感覚で、実際は大豆なので罪悪感なしで食べられます!

必要な分だけ使えるので、大豆ミートと普通のお肉で合挽きとかにして食べるのもアリです。
レシピの公開や、インスタにも投稿がたくさんあるので食べ方には困らなそうです。
色々アレンジも出来るので、プラントベースがどんな物か気になる方は是非ページをチェックしてみてください。



国内で買えるプラントベースフードまとめ

国内通販サイトで扱っているプラントベースに絞りご紹介しましたがいかがだったでしょうか。
肉だけでなく、アイスやラーメン、調味料など様々な食品がプラントベースとして販売されているのが今回分かりました。

プラントベースは優しい味で素材の味も楽しめるのが魅力だと思います。
栄養バランスが考えられている物も多いため、偏った食生活になりがちな方などは是非お試しください。



#おうち時間向上  #レビュー  #SDGs  #サステナブル  #プラントベース  #大豆ミート  #ヴィーガン  #ベジタリアン  #ヘルスケア 

公開日 : 2021/9/6

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連のニュース